2017年06月02日

文化とふれあえるまち

65歳になると市立の文化施設の多くがフリーでアクセスできるようになる。
市役所からの案内を見てかつて視察したボストン、ストラスブール、リヨン、ロンドン等の都市のことをを思い出した。

いずれの都市にも歴史的建造物が残され、近代的な街並みや川面、丘等の自然景観と調和している。
いや、残されているというより、今もシンボルとしてなくてはならない存在である。

一方、我が国ににも東京駅とその周辺のような例もあるが限られている。
点在するスポットを脈絡なく結んでも、ボストンのフリーダムトレイルのように建国の歴史を辿るネットワークにはならない。

ロンドンにも、長い歴史の中から生まれた個性的な街路と広場(ラウンドアバウト)が今も生活を支えている。
また、ストラスブールやリヨンでは自動車の流入を抑制しかつて中心部にあったまちの賑わいを再生している。

気楽にまち歩きできることに加え、その気になれば歴史や文化を深堀できることが何度訪れても飽きないまちの条件だと思う。
まちは変わらないが、訪れる人の成長に応じて違った感動を与えてくれる。

歴史や文化の深堀に欠かせない博物館や美術館等の文化施設はフリーまたは安価で利用できるようでなければならない。
我が国の場合、博物館や美術館だけでなくミュージカル等にふれあうコストは高すぎると思う。

ロンドンの自然史博物館は夏休みの間、夜間無料で開放されていた。
夕方、中庭でお弁当を広げ夜間博物館をまるで居間のように使って楽しんでいたインド人家族を今も鮮明に覚えている。

きっと、子供たちの脳裏には天井からつるされた始祖鳥の骨格の映像が正確に刻まれたに違いない。
文化とふれあえるまちは一朝一夕にできるものではない。

一流だけでなく草の根の文化を育む視点もまちづくりを進めるうえで大切だと思う。


6月2日 Y.I.記
http://www.nmdc.jp/
posted by nmdc-yi at 17:53| まちづくり