2016年01月01日

新年の干支「丙申(ひのえさる)」について

新年の干支は、「丙申(ひのえさる)」です。

丙は、前年の曲がっている乙の状態から枝が伸びて樹木の形が明らかになってくる頃を指すそうです。
一方、申は果実が成熟し固まって行く状態を表すそうです。

どちらも、完成まであと一歩の状態ではあるが形はほぼ固まってきた状態を意味しているようです。
そこで、新年を「これまでの様々な試行が実を結び、新たな道が形を現す年」とポジティブに位置づけることにしました。

これまで交通まちづくりを中心に培ってきた客観評価の取り組みを体系化し、次のステップを展望する1年にしたいと思います。

本年も、よろしくお願いします。

12月31日 Y.I.記
http://www.nmdc.jp/
posted by nmdc-yi at 00:00| 交通まちづくり