2015年12月03日

貸本文化

貸本屋が街から消えて久しい。
それに代わった、レンタル店も勢いを失いつつある。

今では、漫画本もネットで安く閲覧できる。
便利になったが、何かが違う気がする。

そう、あのカムイ伝や忍者武芸帳を貸本屋で手にした時のワクワク感がない。
それは、モノを所有した喜びではない。読むコトに対する期待感のようなものだ。

コトの価値を理解し感動できる感受性を取り戻そう。
そして、貸本屋とともに失ったワクワク感をもう一度感じたいものだ。


12月3日 Y.I.記
http://www.nmdc.jp/
posted by nmdc-yi at 13:30| 社会