2015年11月01日

不動如山(動かざること山のごとく)

風林火山は孫子の兵法に由来し、状況に応じた戦法を説いたものだそうだ。
最後の山が、表題の言葉を縮めたものだ。

スウィングの軸がぶれるとクリーンヒットできない。
ゴルフ、サッカー、野球、すべてに通ずる。

物事を観察する場合も同じだ。
止まって見なければ動きは正確に把握できない。

ヨガにも、不動の山のポーズがある。
自分の内面と向き合うのに使うそうだ。

不動如山は、動きは動かざる自分からしか作れないし見えない。
そんなことを意味しているのかもしれない。

政治、経済、社会、…目まぐるしく変わる世の中の動き。
流されていては本当の動きは見えない。

不動如山(動かざること山のごとく)はそれを教えてくれている。


11月1日 Y.I.記
http://www.nmdc.jp/
posted by nmdc-yi at 17:53| 社会